転職資格モアチャレンジ

転職資格モアチャレンジ

資格による自分磨きをきっかけにして

 転職にあたり、自分に自信をつけたい。自分をバックで支えるスキルや能力を持っていたい。

 

 これが私が秘書検定を受験しようと思ったきっかけです。それまで接客業しか経験がなかったんですが、接客における日々の対応で覚えた、電話対応や来客応対等、常識の範囲内でしか知識がありませんでした。接客での対応ですので、一般での対応よりは失礼のない振る舞いをするための知識はもっています。ただ、常識といっても、自信をもってこれが正しい常識だ、と言えるレベルではありませんでした。

 

 元々、秘書検定というものの存在を知ったのは、書店の参考書コーナーでした。秘書に求められる振る舞いが、日々のサポート業務における正攻法な常識となりうるのではないかと考えました。そこで、私は書店へ行き、参考書の厳選に取り掛かりました。私自身、文字ばかりが並んでいる参考書だとやる気が起こらないタイプなので、可愛いイラストがたくさん入ってものを選びました。

 

 いざ勉強を始めると、マナー本のような内容でとても楽しく、次々とページが進みました。やはり、自分が常識だと思っていたことも、少しマナー違反になる部分があったり、あと一工夫でより丁寧になったりと、勉強してよかったな、と思えるようなことがたくさんありました。仕事をする上で、頭に入れておけばよかったという内容がかなりあります。

 

 そして勉強の末、秘書検定の試験に合格することができました。

 

 実際の業務においては、とても役立った、というイメージはありませんでした。秘書という職業柄、担当上司により応対等も変わってくるので、勉強した内容すべてが当てはまるわけではないからです。ただそれは分かりきっていることで、それよりも正しい知識を持っている、という自信が私の立ち居振る舞いを凛としたものへと変えたと思います。

 

資格の中にはその資格が直接業務に関係するものもあればしないものもあります。業務に関係しない資格であっても自分の仕事の幅を広げるという意味では、役に立つことも少なくありません。そのためには、今自分がかかわっている業務についてもよく考える必要はありますね。
転職資格有利ランキングREAL

 

 

忘れてはならないこととして、有名な会社に転職の応募をだしたところでなかなか採用されづらいので、どんな会社(業種・業界・職種)で一生懸命頑張りたいのかをありありとイメージしてください。
中途入社として次の職場が決まってくれない・・・そういう場合は、焦らないこと。一旦立ち止まって根本的な問題が発生していないかを冷静になって考えたり、気分転換することを心がけてください。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ